恋 人

婚外恋愛♡恋する気持ちと女性のカラダ

こういうテーマが不快な方は読まずにスルーしてくださいね。共感し合える方とコミュニケーションしたいと思います。

チクッと傷つく時

彼のインフルがやっと抹殺されたようで、あとは風邪の症状が残っている雰囲気になりました。それでも咳や鼻水や耳の不調で、体調は良くはないらしいです。
夕べのLINEで
私:あなたの欠乏症
彼:え~?!そうなの?
チクッ・・・そうなの?って
そんな意外な事なのか?あなたはぜんぜん平気なの?


私:もうかれこれ1ヶ月声さえ聞いてないよ
彼:もうそんなになる?
チクッ・・・あのねぇ、1ヶ月だよ、1ヶ月!
そうだね~とか、なにか同調する気持ちはないのか?


私:デート以来だよ
彼:お話ししたいけど、耳の調子が良くなくて。ごめんね。
私:ごめんねはいや。ごめんじゃなくて~
彼:そうだね
私:もう言ってくれないの?
チクッ・・・ごめんって言うより、大好きって言った方がいいと話したことがあるんです。忘れてるのか??


彼:好き♡(*^^*)♥
思い出したか!
私:ありがとう♡
気が済んだ私でありました。なさけのうございます(´;ω;`)


寝る頃におやすみメッセを送ったら、うとうとしていたらしく少したっておやすみメッセが返ってきました。


彼の時計は私のよりもずっと早く回っているらしい。
忙しいのも、体調のことも理解しているよ。
この程度のコミュニケーションが今の彼には精一杯なのかもしれません。
自分の要求との多少のズレが不安を招き、私はもう必要ないのかな、気にしてももらえない、寂しがってるとか会いたがってるとか、想像もしてくれていない、とマイナス思考がグルグルしがちです。


それとは逆に
まだ熱が下がったばっかりなのに、ちゃんと返信してくれて良かった。熱があったときにも症状を教えてくれたりもしたし。体調が良ければお電話でお話しもできた。「ごめん→大好き」を思い出してくれた。私のコトいつも気にしてくれて、気持ちを返してくれている。と、プラス思考でにこにこすることもできる。


泣いても人生、笑っても人生
と亡き母が時々言っていました。
どうせならやはり笑って生きていたいです。
自分の心は自分で守り、自分を幸せにしてあげたいと思うのです。